なぜ秀光ビルドなのか?

当社は(株)秀光ビルドの代理店。
「分譲住宅」と言うものは、不動産会社が下請工務店を使って建築した物を自社ブランドとして販売しています。お客様と下請工務店の接点がほとんど無いのが現状です。
当社はこのシステム自体に違和感を感じており、お客様にとって安心できる“全ての費用がガラス張り”でありお客様が施主様として直接対応できる方法をとっております。
秀光ビルドは、建築コストをおさえる為にモデルハウスを持ちません。モデルハウスを1棟持つと年間の維持費(モデルハウス建築費、人件費、広告費、
イベント費、ノベルティー商品代金、等々・・・。)が約1億円以上かかると言われております。「安物」ではありません。出来る限りムダを省いて必要な基礎・構造・断熱・検査にはしっかりとコストをかけお客様一人一人の想いをカタチにし、共に作り上げるハウスメーカーなのです。
そのようなハウスメーカーで、お客様だけの家を創ってみませんか?

  メリット(得意) デメリット(不得意)
大手ハウスメーカー ・大手ならではのネームバリュー
・パンフレットが豪華で充実している
・アフターサービスの充実
・モデルルームが複数有る
・周囲を説得しやすい
・街並に統一感が出る
・建築費が高い
  (人件費・広告費・モデルルーム維持費等のため)
・規格プラン外になるとコストUP
・分譲地をほとんど持っていない
  (土地は自分自身で用意しなければなら
ない)
・変形地、狭小地は断られる事も
・住宅取得の総額がつかみづらい
・自己資金が少ないと対応が悪くなってしまうことも
秀光ビルド ・建築費用が安価である ・狭小地・変形地等にも柔軟に対応
・施工する側の人間と距離が近い
・土地情報が豊富に有る
(地域密着、土地情報のスペシャリスト)
・住宅ローンに丁寧に対応してくれる
・施工現場の見学会があり安心できる
・バリエーション豊かな家を建てれる。
・モデルルームがない
(施主様の好意で、引渡し直前の家の内覧はして頂ける場合もあります)
・安価なので不安になる
・施工バリエーションが多すぎる
・オール電化中心なのでガス対応に不安
・全国展開後、間もないのでネームバリューが少なく、周囲に説明しにくい